煩雑な工程を一気に省けるクラウド型の労務管理システムを導入しよう

握手

クラウド型の労務管理システムを導入して働く環境の改善に役立てよう

胸に手を当てる男性

様々な企業で業務改善や働き方の見直しが進められており、職場の環境改善を実現しています。煩雑な仕事や膨大な業務を日々こなしていると、体力的にも精神的にも問題が発生し、人間関係に悪影響が出ることもあります。また残業過多の状況が続いている場合も、改善が求められます。例えば煩雑な仕事が多い労務管理の現場でも、作業効率をあげられる改善策が求められています。
この課題を解決できる方法として登場しているのが、クラウド型の労務管理システムです。このシステムを導入すると、日々の勤怠管理がシステムを使って行えるようになり、作業の効率を格段にあげられます。勤怠に関する各種申請については従業員がシステム上から行えるため、その対応も必要なくなり、スムーズに管理できます。従業員にとっても良い側面があり、面倒な申請書類の提出も必要なくなります。
さらにクラウド型の労務管理システムを導入すると、会社全体にとっても良いことがあります。システム上で従業員の勤怠状況を確認できるばかりでなく、業務工数管理も可能になります。その分析もできるようになり、働く環境改善に大変役立ちます。クラウド型のソフトであれば導入もスムーズに行えるため、現在は多くの事業所で利用されています。

クラウド型の労務管理システムで書類の受け渡しリスクを解消

労務管理を行う上で、社員から各種書類を集めるのは苦労だけでなく、リスクも伴います。書類に記載されるのは個人情報であり、書類受け渡し時に紛失が生じた際には重大インシデントとなります。そんな書類の受け渡しで生じるリスクを、クラウド型の労務管理システムを導入することで解決することができます。
クラウド型の労務管理システムは、ペーパーレス化を図ることができます。入退社時の書類、健康保険関係、年末調整などを社員が社内外のパソコンやスマートフォンを利用して入力することができます。データはクラウド上で管理され、書類の受け渡しがなくなるだけで紛失というリスクがゼロになります。また、社内で運用する専用システムとは異なり、データもクラウド管理されます。サーバーの不具合によりデータがなくなるというリスクも解消することができます。そのほかにも、入社前の新入社員、休職中や病気療養中の社員との書類の郵送も無くなり、郵送トラブルも解決できます。さらにスマートフォンで入力作業ができることで、製造メーカーや建設業など社員一人一人にパソコンが貸与されておらず、申請作業は昔から紙ベースという問題を最新のシステムに切り替え、全社員で統一することも可能になります。

クラウド型の労務管理システムなら社外で勤務する社員も管理可能

既存の労務管理システムでは、社内に勤務している社員の労務管理しか行えないという問題を抱えていませんか?出張や外回りで直帰する社員、サテライトオフィスや在宅勤務する社員の労務管理が行えないということがあります。勤務時間が曖昧になり、残業時間が把握できないだけでなく、不払いが長期に亘って生じてしまうリスクもあります。そこでクラウド型の労務管理システムを導入して、社外で活動する社員の労務管理を徹底しましょう。
クラウド型の労務管理システムなら、社外で活動する社員の労務時間も徹底して管理できるだけでなく、休暇も適切に管理できます。テレワークなどにより在宅勤務している場合、勤務時間が過ぎで隠れて作業を行うこともあります。しかし、クラウド型の労務管理システムで勤務時間を打刻させることで、労務時間を把握するだけでなく、テレワーク用のPCのアクセス時間と照合することで不正な勤務を監視できます。また、在宅勤務は公私が曖昧になるだけでなく、休暇中も仕事ができるという問題が生じるものの、クラウド型の労務管理システムでは休暇申請などのオンラインで行うことができ、管理者は社員が休暇であることを直ぐに把握できます。また、急病での休暇申請もスマートフォンから行えるなど、社外で活動する社員の申請管理も確実に行えます。

HEAD LINE

クラウド型の労務管理システムはペーパーレス化や電子申告に対応

労務管理部門の担当者にとって、年末調整や健康保険の申請書類、各種申請手続きに関わる書類や給与明細は管理が煩雑になるだけでなく、膨大な紙媒体を保管するという物理的な作業の苦労もあります。ペーパーレス化を促進したい、紙ベースの書類から労務管理システムへの転記作業を解消したい、給与明細の印刷袋とじを…

クラウド型の労務管理システムで休暇申請も効率化できる

労務管理を行う上で、問題となりがちなのが休暇申請とその承認です。各部門の管理者が有給休暇の管理を行うため、労務管理部門からの監視も行き届き難い問題もあります。また、社内で申請する場合、上司が不在の場合は許可を得られない、上司に電話をかけて承認をもらうなど非効率さもあります。そこで休暇申請の効率…

複数拠点の労務管理がクラウドなら一括管理できる

本社以外に事業所や支社、営業所を各地に構える会社にとって、労務管理は非常に手間がかかるだけでなく、各事業所に受付窓口を設け、代行業務を行わせる必要があります。さらに申請書類の郵送、勤怠データの受け渡しなども生じ、労務管理に関わる業務が煩雑化することもあります。しかし、クラウド型の労務管理システ…

クラウド型の労務管理システムなら低コストで導入可能

社員、パートやアルバイトの労務管理を、昔ながらの紙ベースやエクセル管理で未だに行っていませんか?中小企業や個人経営店など、労務管理システムを導入するコストが高く、見送られていたケースは少なくはありません。その結果、給与計算や税金計算、年末調整などに膨大な時間を要していることになります。そんな業…

TOP